理系絵本日記
仕事柄、大人になって絵本を読むようになり、特に理系科学絵本のおもしろさに目覚めました。まだまだ、勉強中ですが、理系科学絵本の魅力を私なりに綴っていこうと思います。読み聞かせや朝読の参考にどうぞ(^^♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいおい!
ぎゃ~!!
前回の更新から、とうとう、1か月も経ってしまいました。
にもかかわらず、このブログを気にかけていただいた方々、感謝感激雨あられでございます。
いやはや、このところ、何をしていたかと言うと、とある企画にがっつり入り込んでいました。
…まだ、10月まで続くのですが。
大きな山場は今月いっぱいです。
あと、正味、約1週間!!
どげんなるやか~。

と、このような通常業務以外のウェイトが大部分を占めているのですが、今年もやりました。
「はじめての自由研究教室」
8月はこんな状況になるのは実際のところ、早くから分かっていたので、今年は、私は助手になり、内容と進行は職員さんにお願いしていました。

今年は「からくり工作」と「ふりこの実験」の二本立て。
「からくり工作」は、この本を参考にしました。
からくり工作ブック―身近なものでかんたんにできるからくり工作ブック―身近なものでかんたんにできる
(2010/07)
塩浦 信太郎

商品詳細を見る

これ、いろいろ載ってます。
一緒に参加されていたお母様も、からくりの仕組みを見ながら、「すごいね~」と言いながら感心されていました。

「ふりこの実験」はいろんな本を引っぱってきて、3つの実験をしたのですが、資料をメモるのを忘れてました…。
悪しからず…。

約1時間半で終了。
ちょっと駆け足気味になりますが、どうやらこの程度のボリュームがあったほうが、子どもたちも飽きず、保護者の方も満足されるようです。
終了後、「他にも、こんな教室参加してますけど、一番おもしろかったです。」なんて声をかけられ、ザ・有頂天!
これがたまらんのです。

…これが終わったら、イベント企画してやる~!!


…また、しばらく、更新せんなぁ、ということになるやもしれません。
先に言い訳しておきます。
10月いっぱいまでガンバリマスから~!!


関連記事
スポンサーサイト
科学絵本実験教室3日目終了
今日は、「科学絵本実験教室」の最後となる3回目が終了しました。
今日のテーマは「ウーブレックをつくってみよう!」でした。
片栗粉と水を混ぜたら、出来上がり♪という手軽さなのに、あのドロドロでも固いし、という不思議な感覚が楽しめる一品です。
混ぜて出来上がりなのですが、それだけではつまらないなぁ~ということで、ビー玉6個をウーブレックの中に沈ませて、「誰が一番早く6個取り出せるかな」ゲームをしました。
そして、もうすぐ夏休みということで、夏休みにするイベントの紹介をちゃっかり紹介しちゃいました。

準備は何かと大変でしたが、教室終了後、参加してくれていたお子様のお母様から、わざわざお礼のお電話をいただきました。
ありがたや、ありがたや。
これからも、子どもたちと一緒に彼らにとっての「初体験」を楽しみたいと思います。


関連記事
ひなどりを救え!
今日は職場の「たなばたとしょしつまつり」でした。
いや~、雨に降られました( ゚Д゚)
そんな中、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました(^_-)-☆

話は全く変わりますが、職員さんのお家の庭に鳥が巣を作っていました。
そして、なんと卵が孵り、ヒナが誕生しました。
ウェルカム、この世。
で、思い出した絵本です。
「みんなでまもったひなどり」
みんなで まもった ひなどり: インドの昔話みんなで まもった ひなどり: インドの昔話
(2013/04/08)
唯野 元弘

商品詳細を見る

ひなを捕まえようとする漁師たちから、ひなを守るため、鷹のお父さんとお母さんが奮闘します。
しかし、漁師も諦めません。
そこで、鳥の王様のみさごに助けを求めます。
さらに、大ガメ、ライオンが体をはって、漁師を追い払うお話です。

みさごの体のはり方には脱帽です。
仏教のお話でもあるようですが、こんなにも守ってくれる人(動物)たちが回りにいるって、何という安心感なのでしょう。


近頃、イベントの準備など諸々、落ち着かず、更新が滞っております。
ご訪問いただいている皆さま、すみませぬ。
目下、おばあちゃんたちへのお話会で「浦島太郎」のお話とお歌を披露する予定のため、練習あるのみ!
ふぅ、がんばるぞぉ~!!


関連記事
きのこが出てきました。
職場の建物の裏側に「きのこ」が出てきました。
私の見立てでは3種類のきのこです。
黒いきのこ、茶色いきのこ、もう1つ茶色いきのこです。
今年は例年よりたくさん出ている気がします。

「あめのひきのこは…」
あめのひきのこは…… (新訳えほん 25)あめのひきのこは…… (新訳えほん 25)
(1976/11)
ミラ=ギンズバーグ

商品詳細を見る

雨が降ってきたので、ありさんがきのこの下で雨宿り。
すると、ちょう、ねずみ、すずめのこ、うさぎとやってきます。
そこへうさぎを追ってきつねがやってきますが、うさぎをうまいことかくまって…。
ん?きのこの下にそんなに入れる?という疑問がわきますね。
ありさんもそう思います。
そう、きのこは雨が降ると大きくなるのです。
と言っても、短時間でうさぎをかくまうことができるほどに成長はしませんが(^^;


きのこっていろんな種類があるんですよね。
いろんなきのこをみたいならば、「きのこはげんき」です。
きのこはげんき (ちいさなたんけんたい)きのこはげんき (ちいさなたんけんたい)
(1994/10)
田中 弘美、伊沢 正名 他

商品詳細を見る

写真ありです。
以外と身近に育っているので(…私の住む地域は特に山の近くですが)見つけることができるんじゃないかな~??

たんぼにはジャンボタニシのピンクの卵がつき始めました…。
これからさらにピンクが増えていくんだろうな…。
ジャンボタニシ、ご存じない方は、こちらをご覧ください。
絵本を紹介しています。

夏前な感じです。



関連記事
科学絵本実験教室 2回目終了
「科学絵本実験教室」の2回目が昨日、終わりました。
昨日、22日のテーマは「しもん採取で、はんにん探し」でした。

はっ! 一切の写真を取り損ねました…。

え~と、流れとしましては以下のような感じです。

「事件が発生しました!犯人は指紋を残しています。さらに、犯人からの挑戦状が届いています。」という前提。
まずは、指紋についてちょっとだけ説明。
辞書びきえほん 科学のふしぎ辞書びきえほん 科学のふしぎ
(2011/03/15)
陰山 英男

商品詳細を見る

こちらの「手に指紋があるのはどうして?」というページを読み上げました。
指紋の種類は、大きく分けて3種類(うずまき型、ながれ型、ゆみ型)があることなどの説明があります。

指紋の種類が3種類あることがわかったら、犯人が残していった指紋を調べます。
本当はガラスのコップを用意するのが、わかりやすかったのでしょうが、予算上断念。
クリアファイルを10cm×15cmくらいの大きさに切って、それに指紋を3つ。
透明だと分かりにくいので、クリアファイルの下に黒の色画用紙を重ねて用意。
100均で買ったファンデーションを粉にして少しずつ配り、絵筆を使って指紋を浮き上がらせていきます。
3つが浮き上がったら、何型の指紋かを調べます。

次に犯人からの挑戦状。
これは、少し時間が余りそうだったので、クロスワードを解いてもらうことにしました。
ポケットパズルポケットパズル
(2010/02/10)
すぎやま あきら

商品詳細を見る

参考にした本です。
25マスで9問の問題を解いてもらいました。
子ども向けの辞書を片手に考えたのですが、なかなかクロスワード作り、面白かったです~♪
25マス全部埋めたら、さらにマスの「左から1番目、上から3番目」のように指定された場所の文字を拾ってもらい、つなげると「ながれがた」という指紋の種類が出てくるようにしました。

ここまで、約35分。
で、答え合わせ。
先にクロスワードの答え合わせ。
問題を読み上げて「わかったかな~?」と聞けば、自然と手を挙げてくれました。
しかも、「(答え)です。」とデスをつけての回答。
お利口さんやね~、と感動しつつ、クロスワードを解きました。
次に、指紋採取。
3つは出ていましたが、絵筆を強くあてすぎて、指紋が消えてしまった子もいました…。
これはちょっと難しかったかな。改善点です。
なので、答えはこちらで発表。
ちなみに、3つのうち、1つがながれ型で2つはうずまき型でした。

ここまでで、45分経過。
犯人の手掛かりはつかめました、どうもありがとう、ということで一旦終了。
残りの15分は、各自の指紋をとって何型か見てみよう、という時間にしました。
「10本の指、全部が同じ型の人もいるし、そうじゃない人もいるよ。」というと、保護者の方も「へ~」。
…ただ、小さい子の指紋を取るのは難しかったですね。
なんせ、指自体が小さいし、溝が浅い、しかもインク(スタンプ用)をたっぷりつけて、ギュウッと押してくれます。
「う~ん、つぶれちゃったね…。」という…。
「軽くインクをつけて、軽くポンってくらいでいいよ」なんて言いながら、なんとか型の判断をしました。

どうやら、全て同じより違う型が入っている方が、なんだか嬉しいらしく、
「ちなみに、私は、基本はながれ型ですが、薬指はどっちもうずまき型です」というと、
「おお~。」の声でした。

これで、60分終了。
最後は、上記でも紹介した本は、借りて帰れるよ、ということで準備をしていたので、本を手に取ってもらいました。
子供の科学 2014年 05月号 [雑誌]子供の科学 2014年 05月号 [雑誌]
(2014/04/10)
不明

商品詳細を見る

これも用意していました。テーマがズバリ「科学捜査」。
こういう科学系の月刊誌も手に取ってもらえたらな、ということで。
兄弟で参加してくれていた子が借りて帰ってくれました。


今回は、多少の改善点もありましたが、場数を踏まなきゃ分からないことがあるので、次回につなげるのみです。
次回は、「ウーブレック」を作ります。


関連記事
またもや!?
またまた、お歌の伴奏をすることに!?
「!?」つまり未定ですが、練習しなきゃ( ゚Д゚)
7月末だからな~、夏とか海かな~。
何だか、楽しくなってきちゃった私が(^^♪


関連記事
だましえ
好きな作家さんなんです。
元建築家というだけあって、絵が細かい!!
そこにさらに、だましえというエッセンスが加えられました。
こちら、「だましえだいく」
だましえだいくだましえだいく
(2013/10)
青山 邦彦

商品詳細を見る

新米大工のハンヅ。
ハンヅが手伝うとなぜか、おかしなことになってしまいます。
まぁ~不思議絵があるある。
不思議絵って、こう描くんだ~というのもじっくり堪能できます。

不思議絵と言えば、はずせませんね。
「ふしぎえ」
ふしぎなえ (日本傑作絵本シリーズ)ふしぎなえ (日本傑作絵本シリーズ)
(1971/03/01)
安野 光雅

商品詳細を見る

こちらは、字のない絵本ですね。
1971年!!
ロングセラーですな~。


関連記事
地球誕生すごろく♪
6月8日に「科学絵本実験教室」の第1回目が無事に終了しました。
とりあえず、私が作ったすごろくです。

じゃ~ん♪
sugoroku

〇〇億年前などはあらかじめ印刷しておいて、その時の出来事が書かれた紙をのりで貼ってもらって仕上げていきました。

参考資料は以下の通り。
僕は46億歳。僕は46億歳。
(2013/12/03)
豊田 充穂

商品詳細を見る

せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし (大型絵本)せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし (大型絵本)
(1964/12/15)
バージニア・リー・バートン

商品詳細を見る

ちきゅうのうえで―いのちのたびのおはなしちきゅうのうえで―いのちのたびのおはなし
(2005/09)
沢田 としき

商品詳細を見る

地球はえらい (みぢかなかがく)地球はえらい (みぢかなかがく)
(1996/11/20)
香原 知志、城 雄二 他

商品詳細を見る

進化のはなし―地球の生命はどこからきたか (児童図書館・絵本の部屋)進化のはなし―地球の生命はどこからきたか (児童図書館・絵本の部屋)
(2006/03)
スティーブ ジェンキンズ

商品詳細を見る

地球宇宙に浮かぶ奇跡の惑星―なぜ,「水と生命」に恵まれたのか? (ニュートンムック Newton別冊)地球宇宙に浮かぶ奇跡の惑星―なぜ,「水と生命」に恵まれたのか? (ニュートンムック Newton別冊)
(2011/01/26)
不明

商品詳細を見る

進化の迷路 原始の海から人類誕生まで進化の迷路 原始の海から人類誕生まで
(2007/08/02)
香川 元太郎

商品詳細を見る


すごろく作りの前に『僕は46億歳。」を読みました。
ちょっと長くて、1年生には難しい言葉も出てきますが、せっかくなので読みました。

すごろく作りは、地球に起こった事件(紙に印刷したもの)を古い順にみんな一緒のペースで貼っていきました。
そもそも、そうするつもりでいましたが、始める前に「わから~ん」と言っていた子がいたので、この進め方で良かったと安心しました。
どうやら、テストのように試されるんじゃ!!と少なからず思っていた子もいたようです。
ひとまず、全てを貼り終えたら、コマとサイコロを作りました。
こちらも印刷済みで組み立てるのみ。
少し余った時間で、「すごろくなので、例えば、海が生まれたところには1つすすむ、とか、地球が凍ったところには1回休みとか書き込んで、オリジナルのすごろくにしようね~、ちなみに私はこんな感じにしました(上の写真です)。絵を描いたり、絵本に書いてあったことで、なるほど!と思ったことを書き込んでみました~。」てな感じで終わりの時間に。
参考資料として使用した絵本類は、全て手に取ってもらえるように取り寄せていました。
終了後、思いのほか、借りて帰ってくれたので嬉しかったです。
その場だけではなく、お家に帰ってすごろくで遊びつつ、関連の絵本も楽しんでくれたら、わたくし、この上ない幸せでございます。

終了後、一人のお母様より、夏休みの自由研究についてのお話を伺いました。
もう今から何をしようかと悩んでいると。
お子様がお二人ならば、2つ、三人ならば、3つの自由研究…。
微力ながら、そちらの件につきましても、イベント準備をしておりますので、ぜひ、ご参加ください、なんて営業しつつ。

次は2週間後。
「しもん採取で、はんにんさがし」です。



関連記事
最近読んだ本
梅雨に入りましたね。
雨はあまり降っていませんが、ジト~っとしています。


職場では、七夕や夏休みの企画を着々と進めている今日この頃。
新たな企画に、と取り寄せた本。

「にせニセ ことわざずかん」
にせニセことわざずかんにせニセことわざずかん
(2004/10)
荒井 良二

商品詳細を見る

荒井良二さんの絵がかわいい。
ことわざのもじり具合が私のツボにハマりました。
例えば、「両手に花」→「両手に鼻」(象の鼻を両手に持っています。)など。
…クスッと感がいまいち伝わらないですよね…。


もう1冊。
「おはなし だいどころ」
おはなしだいどころおはなしだいどころ
(2010/10)
さいとう しのぶ

商品詳細を見る

こちら、さいとうしのぶさんの絵もかわいい。
見開きでお話1話というような構成なので、「語り」でも使えそうなお話です。
もちろん、絵もかわいいのですが、短いお話の中に、「あ~、なるほど~」って感じがあります。
きっとお気に入りのお話が見つかると思いますよ。
ちなみに私は『かつおぶし』です。


う~ん…。
最近、あまり科学絵本を読んでいません。
科学絵本情報を得る時間を工面できていないのが原因です。
んが、しかし!!
明日は科学絵本と実験のコラボ企画「科学絵本実験教室」パート1です。
つまり、そっちの準備に尽力しておったのですが。
パート3まであるので、がんばるぞ♪


関連記事
反省。
5月末まで「春の読書週間」のイベントを約2か月間、実施していました。
…これまでも春や秋に行ってきたイベントなのですが、今回は大きな課題が浮き彫りになりました。
報告書の見た目(数字ですね)は良いのですが、その中身に納得行かず。
もっと丁寧な本との関わり方を提案しなければ!と痛感しました。


関連記事


プロフィール

いちこ

Author:いちこ
小さな図書室で事務9割、司書1割で働く九州女です。 



最新記事



フリーエリア

みなさまのポチッが励みになります! いいじゃないか、という記事があれば、ポチッとしていただくと嬉しいです。



最新コメント



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新トラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも一覧


イカ・タコつるつるりん♪



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。